トップ

通販の契約者の権利保証

通販に契約の知識

トラブル

通販における契約の取り扱い

通販における契約については、特定商品取引法に置いて契約者の権利が保証されています。その権利とは、業者の名称や所在地、契約の内容の説明を義務付け、また契約に問題が有った場合にその契約を取り消すことができるなどの権利を指します。従来では、これらの権利は訪問販売法においてのみ保証され、自ら申し込みを行う通販についてはその権利は保証されていませんでした。しかし、申込時に不明瞭な部分が多くトラブルが多く発生したため、消費者の権利を守る為に、法律が改正されました。特定商品取引法と訪問販売法の違いは、その適用範囲が訪問販売に限定していたものを、商取引の形態が複雑化してきたために、消費者が不利益を被りやすいこれらの取引に拡大したところにあります。

特定商品取引法と訪問販売法

特定商品取引法は、通販や訪問販売など、消費者トラブルの起きやすい取引を対象に定められた法律で、利用者の悪質な行為を防止し、消費者の利益を守るのが目的です。訪問販売法は特定商品取引法の旧称で、1976年に成立した法律です。事業者の名称、商品の明示、契約内容を記載した書面の交付の義務付け、購入者のクーリングオフの権利などが謳われており、取引の適正化を目指すという点では違いはありません。こうした法律は利用者が安全に通販を利用するためのものなので、例えば個人でネットショップを運営する場合でも、氏名、住所、電話番号など、事業者は必要な項目を記載する必要があります。

↑PAGE TOP