トップ / 通販販売のトラブルとは

通販販売のトラブルとは

通販販売のルール

トラブル

通販でも法律があります

商品を消費者へ売る場合に知っておきたいのが、特定商品取引法です。これは。訪問販売や通販などでトラブルが起きやすい取引を対象にした事業者が守るべきルールとクーリングオフといった消費者を守るルールのことをしめします。キャッチセールスやアポイントメントセールスなどといったものも含まれる訪問販売と、インターネットやオークション、TVでの通販が含まれる通信販売と、電話で勧誘する電話勧誘販売などそのトラブルによって種類はさまざまです。これをひとつでも破ると重い刑罰が下されるのでちゃんと調べてから販売した方がいいです。

特定商品取引法による刑罰

通販サイトを開設する際に注意したいのが、特定商品取引法による表示です。これは販売者の連絡先や商品の発送方法、クーリングオフについての規定などを表示するように義務付けた法律です。販売者が取引の形態を明示することで消費者とのトラブルを防ぎ、消費者の利益を守ることを目的としています。この表示を怠った場合、業務改善指示や業務停止命令などのj行政処分の対象となります。さらに行政処分に従わない場合は、刑罰の対象になります。通販サイトを開設する前には関連する法律を熟読することが大切です。特定商品取引法については、インターネットでも確認することができます。

↑PAGE TOP